借金no!にしよう

借金no!
自己破産で制限される事 過払い金請求を行う 過払い金の計算 借金問題解決!専門家選び 司法書士 問い合わせ

過払い金の計算

過払請求を自分でやろうとしている方や過払い請求の専門事務所・弁護士・司法書士に依頼しようと考えている方など様々だと思いますが、自分でやるという方は、絶対に利息の計算方法は知っておかなければならなりません。また、法律家に依頼する方でも、知っておいて損はないので、是非あなたも、計算してみましょう。

≪利息金の計算式≫

借入元金×利率=1年分の利息
1年分の利息÷365(日)=1日の利息
1日分の利息×借入日数=発生する利息

≪例・50万円を29.2%の利率で30日借り入れした場合の発生利息計算≫

500,000円×29.2%=146,000円(1年分の利息)
146,000円÷365日=400円(1日分の利息)
400円×30日=12,000円(30日で発生する利息)

借入した日から30日目に2万円返済すとすると、元金には8千円が充てられ、
つまり、返済後の元本残は、500,000円−8,000円=492,000円となり、翌日からの利息は、この元本残に対しての計算となるのです。

多くの金融業者では借主との間で、出資法の上限利率を採用し契約をしております。

しかし、利息制限法では10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%超の利息を取ることは出来ません。
それ以上の利息を取っていた場合は、その金額を元本に組み入れられ、新たな利息は組み入れられ減った元本に対して発生するのです。

では、利息制限法で定められている利率で計算をしてみましょう。

500,000円×188%=90,000円(1年分の利息)
90,000円÷365日=246円(1日分の利息)
246×30日=7,380円(30日で発生する利息)

借入した日から30日目に2万円を返済した時の元本への充当金は、12,620円となり、利息制限法に基づく計算をすると、4,620円多く元金に充てられることになるのです。
初回の借り入れ後、返済のみをしてきた取引の場合で、18%で計算し直すと1年間で56,000円も多く利息を支払っていたことになり、2年目は65,080円多く払っている事になるのです。

このように、計算をしなおすと利息を多く支払い過ぎていたことになり、結果借入の元本はとっくに無くなっているのに支払続けた結果、過払い金を請求し返還する事が出来ます。

Favorite

展示会ブースの装飾デザイン・運営依頼におすすめの会社5選【東京】

最終更新日:2018/10/29

過払請求過払い請求の流れ
(c) 借金no! Allright Reserved.